治療アラカルト

治療法についてご案内します。

カイロ手技療法

人間の体は骨と筋肉によって支えらています。骨が歪んだり、筋肉が弱ったりしてこのバランスが崩れてくると神経系・ホルモン系・循環系などの調子が狂ってきます。
カイロプラクティックや整体術など手技療法は、このアンバランスな部分を再び正しい状態に調整し、神経などが順調に働くように整えることを目的としています。

温熱・刺激療法

痛いところ、凝ったところを暖めたり、叩いたりすると楽になることがあります。
これは患部に熱などの刺激を与えると眠っていた治癒能力が目を覚ますからです。
この原理を利用し、皮膚に熱を与えたり、物理的な刺激を加えたりする治療が温熱・刺激療法です。
刺激された皮膚の周辺では血液やリンパの循環が改善され、鬱血の解消や鎮痛・消炎効果、痙攣の緩和が見られます。
また、この刺激は神経系や内分泌系を通じて臓器に伝わり、内臓の働きを活発にします。

電気療法

神経の働きは電気的な反応です。
人は疲れてくると、この反応が悪くなってきます。
電気療法は、この原理を利用し、高周波電流、低周波電流、超短波電流を体に流すことによって、体内の電気の状態を変化させたり、熱を発生させたりして、痛みをとったり、疲労回復を図ったり、筋肉を鍛えたりします。

光線療法

太陽の光はすべての生き物を育む源です。
光線療法は、このような太陽の力を利用して生理機能を整えたり、鎮痛や消炎・解毒作用や皮膚の抵抗力を強めたりすることを目的としています。
患者さんの症状によって紫外線、可視光線、赤外線などの化学作用や物理的作用を使い分けることになります。

冷却療法

日本では以前、運動後に体を冷やすことはタブー視されていました。
野球のピッチャーは投球後に肩を温め、夏でも海やプールで泳ぐことを禁止されていました。
しかし、アメリカ式のコンディショニングが主流になった結果、現在では冷却が常識となり、日本でもRICES(rest安静、ice冷却、compression圧迫、elevation拳上、supportサポート)の1つとして冷却がスポーツ障害に対する応急処置法として定着してきました。
特に捻挫、肉離れ、筋肉疲労、関節可動域の改善などにめざましい効果を発揮します。
しかも慢性化した障害のリハビリテーションに応用しても劇的な効果が期待できます。

テーピング療法

治療では主にキネシオテープというものを使用します。
このテープは人間の筋肉とほぼ同じ収縮率をもつ伸縮性のあるテープで皮膚に貼ることで痛みの症状を改善します。
血液やリンパ液の流れを良くし皮膚にある感覚受容器の働きを変調させ痛みを鎮めます。
又、筋肉の緊張を取り関節のズレを正常に戻す働きがあります。
そしてなにより治療効果を持続させてくれる働きが最大の特徴でもあります。

栄養療法

日本人の80%が栄養失調!! ご存知でしたか?
でも、これが事実なのです。実は、生活習慣病(ガン・脳血管疾患・心臓疾患)の原因の一つがビタミン・ミネラル欠乏症だと言われています。
これがまさに現代型の栄養失調といわれているのです。
命にかかわる病気から日頃の疲れやストレスにも非常に深く関っている栄養を正しく摂取することで体の機能をより良くしていきます。
食事のアドバイスからサプリメントのアドバイスを具体的にお話ししていきます。

 酸素カプセル

高気圧酸素カプセルはなぜ体に良いのか?

通常、酸素(結合型酸素)は、呼吸をすることによって血液中のヘモグロビン(赤血球)と結合し体内に運ばれます。
その為、最大でもヘモグロビンの量しか体内に取り込めません。
さらに、体内の血管の約90%がヘモグロビンよりも3割ほど細くできている為、末端まで酸素が行き渡り難いのです。

それに対し、高気圧酸素カプセルによる酸素(溶解型酸素)浴は、カプセル内に気圧をかけることで、直接酸素が血液や体液に溶け込みますので、通常の呼吸では不可能な量の酸素を大変効率よく体の隅々まで取り入れることができます。

近年になってスポーツ外傷の治療などにも応用されてきています。
2002年の日韓サッカーワールドカップの際には、イングランド代表のベッカム選手の中足骨骨折の治療に導入され、早期の試合復帰が大きな話題となりました。

酸素カプセルに入る前の体調チェック

以下の方は酸素カプセルをお控えください。

  • インシュリンを投与されている方
  • ペースメーカーなど医用電子機器を使用されている方
  • 心臓疾患のある方
  • 風邪や花粉症などで、鼻が完全につまっている方
  • 現在、耳鼻科に通われている方
  • 過呼吸発作や呼吸器系疾患の経験のある方
  • 耳抜きができない方
  • 閉所恐怖症の方
  • 生理中や鼻血、その他出血のある方
  • 妊娠されている、もしくは妊娠の可能性のある方
  • 酒に酔っている方
  • 重度の高血圧の方

※その他、医師にかかっている病気など、気になることがあればご相談ください。

こんな方にお勧めです

リハビリ、ケガの回復補助

  • ハードなスポーツをする中高生のケガの回復
  • 筋肉痛の緩和
  • ゴルフ、ジョギング、ウォーキング後の疲労回復

疲労回復、二日酔い

  • 夜勤明けで、睡眠不足、眠りづらい
  • 授乳中、育児中で睡眠不足のお母さん
  • 朝起きても疲れが残っている
  • 疲れすぎてリフレッシュする気力もない
  • 二日酔いの予防、回復
  • 日常的にお酒を多く飲む、喫煙する

免疫力アップ

  • 風邪をひきやすい、こじらせやすい
  • なんとなく体調のすぐれない日が多い
  • 疲れやすい

美容、ダイエット

  • いろいろなダイエットを試してもやせない
  • 代謝をよくしてやせやすい体質になりたい
  • 運動する時間が取れない
  • 肌荒れが気になる、お化粧のりが悪い

冷え性

  • 冷え性による肩こり、腰痛
  • 夜、足が冷えて眠れない
  • クーラー冷えが気になる
  • むくみ
  • 月経前症候群、生理不順、生理痛

若返り効果

  • アンチエイジング
  • シミ、シワを予防・防止
  • 若々しく年齢を重ねたい


よくある質問

酸素カプセルを受けるペースはどのくらい?

年齢や健康状態にもよりますが一週間に2~3回を、継続して受けることが理想です。 

安全なの?

当院の酸素カプセルは、純酸素ではなく空気を使用するので、引火や酸素中毒などの危険がなく、安全で手軽に利用できます。

1回にどの位の時間がいいの?

加圧・減圧する時間も含めると50~60分位ですが、体験時間は30分以上が理想です。

服装は?

普段着で大丈夫ですが、できれば軽装が好ましいです。
なぜなら皮膚からも酸素を取り入れるからです。

どんな人が利用しているの?

若い方から年輩の方まで幅広く利用されています。
スポーツ選手の方にも人気があります。
ベッカム選手が骨折治療に利用したことや、ハンカチ王子こと斉藤選手が甲子園の宿泊先でも利用していたことは有名です。


遠赤外線ドーム型サウナ(スマーティ)

有機質の炭(カーボン)から放射される遠赤外線が、身体を深部からやわらかく温め発汗を促します。
寝た姿勢で楽にお入りいただけます。
30分程度で500cc~1リットルもの大量の汗をかきます(発汗が始まるまでの時間は、個人差やそのときの体調、室温などにより異なります)。

通常、気温の上昇、スポーツ、サウナなどで出るのは「汗腺」からの汗です。
遠赤外線ドーム型サウナに入って出る汗には、前述の汗の他に「皮脂腺」からの汗が含まれます。

「皮脂腺」からの汗というのは、かなりハードな運動をした時にしか出せません。
例えばマラソン選手が折り返し点以降にかく汗と言われています。
また、この汗はダイオキシンなど体内の有害物質を排泄してくれます。

身体に負担をかけることなく、楽に汗をかき、有害物質を除去できるのが特徴です。

こんな方におすすめです

  • 冷え性
  • ダイエット
  • 朝の目覚めが悪い。寝つきが悪い。
  • お化粧のノリが悪い
  • 摂りすぎた塩分・アルコールの排出
  • 生活が不規則で体調が乱れている
  • 運動不足
  • 老廃物の排泄
  • 体臭の軽減
  • 気分のリフレッシュ
  • 疲労の早期回復
  • 健康・美容の維持

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional