2005年8月19日 ~ 2005年12月28日

目次

2005年8月19日

こんにちは本日8月19日(金)です。治療院の3日間の夏休みも終わり毎日元気に治療に励んでいます(笑)

今回夏休みに’ある初体験’をしてきました。以前から1度行ってみたいと思っていたところがありましてついにその念願が叶いました。

それは・・・競艇場です。そうです地元の浜名湖競艇です。実は競艇選手が私の治療に来ていましてその勇姿を1度見たいと思っていたところ夏休みとレースが重なりまして友人と競艇場に足を運びました。

なかなか1人では行きにくいイメージがありまして友人を誘ったのでしたがその友人も初体験でして、「あっちフラフラこっちフラフラ」と場内をさまよいながら何とか辿り着きました。

メインスタンドでボートを間近でみるとエンジン音とスピードに圧倒されました。ただボートに乗っているというイメージですが波の衝撃や、コーナーを回る時の体重移動など相当身体に負担がかかるスポーツだという事がよくわかりました。

競艇場でそんな分析をしている自分がちょっと悲しい気持ちでした(笑)そんな事を考えてることをよそに友人は投票(賭けることを投票というらしい)モードでいっぱいですでに赤ペンを片手に出走表を食い入るよう見ています。(こいつ本当にはじめてなのかと疑問を持つぐらい似合ってました。。笑)

僕も少しだけ投票(あくまで投票といいます)しようと思い色々と分析をはじめました。

まずはこの選手は何級の選手なのか?A1、A2、B1と過去の成績順に分けられてある程度の実力がわかるようになってます。そして最近の成績結果、練習のタイムなどを参考に順番を予想するのですが何分素人ですから良くわからず僕は場内にいる予想屋と言われる人から100円で予想順位が書いてある小さな紙きれを買いそれを参考に投票をしました。

僕たちは12レースあるうちの残り3レースだけ投票しましたが結果はまぁまぁと報告しておきます。僕の奥さんにもまぁまぁと報告してあるのでここで本当の事は書けません(笑) 

さて最終レースに治療に来る患者さんが登場しまして僕も興奮してきました!なんとか頑張って1位になってもらいたいという思いでもちろん患者さんを投票しました。

結果は2位でした。投票の種類により配当金は残念ながらそのレースでは貰えませんでしたがとても気分が良かったです。みんな色々なとこで一生懸命頑張ってるなぁと思い自分もまた頑張らなきゃなと思いました。

競艇というとギャンブルというイメージがありますが治療に来る選手達は素直で真面目で礼儀正しい紳士ばかりです。それぞれの楽しみ方があると思いますが僕は今回とても良い経験ができたと思います。でもはまりすぎないように注意は必要かもです(笑) 

今回は競艇の話題でしたが私の治療院に来る患者さんひとりひとりの事を思うとそれぞれの世界、環境が違うなかで自分を見つめ自己成長しているんだなぁと思うと僕も勇気をもらえます。

このコラムを読んで下さっている皆さんコツコツ頑張りましょうね!

健康の話を一つ載せておきます。この時期は特に夏風邪に注意が必要です。蒸し暑さの為睡眠が思うように取れない、又は冷房の効き過ぎで体がだるくなる、暑さのせいで食欲が落ち必要な栄養素が取れないなど夏風邪になる要素がそろってます。

自律神経のバランスの崩れが風邪になる元です。治療をすることで自律神経のバランスをよくし体の土台を築きましょう。

自分でする予防法はマルチビタミン、ミネラルの摂取、抗酸化食品の摂取、指揉み(爪揉み)薬指以外の指先、爪の部分をじっくりと揉みほぐす。こういったことでも予防になります。是非やってみてください。

2005年9月24日

こんにちは。9月24日(土)です。朝夕は秋の気配を感じるよう肌寒くなってきましたね。窓の外の虫達も秋の音色に変わりはじめてます。

私の治療院が入っているホテルの駐車場にはキンモクセイがあり出勤と帰宅する時の車の乗り降りにはキンモクセイの香りが幸せな気分にさせてくれます。これから紅葉もはじまります。栗などの秋の味覚も楽しみです。

こうして考えると人の身体はつくづくよくできてるなぁと思います。目や耳や鼻、味覚や触覚など「生きてる」を感じとっています。ホント自分の『身体さん』に感謝感謝ですね。 

先日、友人家族と私達夫婦で愛知万博に行ってきました。その日は22万人の人出で入場まで3時間かかりました。各国のパビリオンに行きました。

その中の一つインド館での出来事。インド館のおみやげ売り場で白檀で作られたインドの神様がありました。その中で私の気を引くものが一つありました。店員に値段を聞くと「10万円!」と言われ私はガックリ・・・諦めかけたとこでその店員が「いくらなら買う?」と向こうから交渉?してきました。

8万・・5万・・最後には3万まで下がりました(笑)私は買う気満々!しかし私の奥様の「自分が買いたいなら買えば・・」←ちょっとヤナ感じで(笑)の一言で渋々諦めました。

奥さん曰く「刀を持ってるし・・色んな武器を持ってる神様はなんだか・・」後でわかったのですが私が欲しがっていた神様は「殺戮・破壊の神様」というものでした。

まぁ買わなくてよかったじゃんと自分に言い聞かせ万博に行った記念にボールペンを1本だけ買ってきました。奥さんの意見を聞いた僕がすばらしいのかその神様を見破った奥さんがすばらしいのか。。それはわかりませんがいい思い出になりました(笑)

少し肌寒くなってきました。真夏の延長で夜にアイスクリームを食べている皆さん!お腹が冷えますから気をつけてくださいね。『私も気をつけます』。。。

2005年10月31日

本日10月31日(月)です。今年もあと2ヶ月となりました。年々月日が経つのが早く感じます。

最近アメリカの研究グループが、人が年をとるのは気のせいである、という報告をしています。『そろそろ60歳だから、こうならなくてはいけないだろうな・・』と、言葉にはしなくても無意識の中で思うから、体もそうした意識を反映して老いた状態になっていくというのです。

したがって精神作用が通常の加齢に伴う変化をしない人の場合は年をとらないということです。つまり無意識が体に与えている影響は非常に大きいのだということです。

ここで私は反省をしなければいけなくなります。この考え方でいうと私がよく患者さんに言う「病気にならないために栄養を・・」などと話をします。この発想は病気を意識した考えになっています。

そうではなく「より元気に、健康になるために栄養を・・」でなければならないですよね。言葉の力は凄いです。相手の無意識に働きかけています。

こういう事は生活していると色々な場面で気をつけないといけないですね。子供に対して、部下に対して、妻に対して・・・自分の関わり方でひょっとして相手はいい意味、悪い意味で大きく変わる可能性がありますよね。責任重大ですね(笑)

まずは意識的にでもいいので前向きな言葉で相手に話すことを心がけるのが大切ですね。夫は妻に「今日もきれいだね」妻は夫に「あなたって素敵ね」子供に対して「○○ちゃんならきっと大丈夫だよ」まずは意識的にやってみることですね。「そんなの絶対に無理!」と思った方、きっとあなたならできるはずです。←意図的に働きかけています・・私も実践します(笑)

2005年11月22日

本日11月22日(水)です。

先日神戸のポートピアホテルに於きまして日本療術学会が行われ参加してきました。基調講演には東京大学名誉教授の渥美和彦先生の統合医療についての話がありました。

その中で印象的だったのは【日本の医療は鎖国状態】とういう言葉でした。先進国でありながら医療面では遅れをとっているという事です。

アメリカでは国民調査をしたところ西洋医療(一般的にいう病院)に通っている人と代替医療(カイロ、はり治療、マッサージなど)に通っている人の統計を取ったところ代替医療に通っている人が西洋医療に通っている人よりも多いことがわかり現在国の予算で大学や専門の研究機関での代替医療の効果を科学的に調査、研究してるとの事です。

患者さんは正直です。科学的とかなんとかではなく『楽になる』『調子が良くなる』ということを既に体感しているという結果だと思います。ただ公には均一したデータが必要でしょうがその統計を取る為に私たちのような治療家がすべてのデータを取ったとしてもひとりひとりの身体の状態は違うわけですからなかなか統計立てて科学的に証明するのは難しい問題だと思います。

基礎医学は確かに必要です。身体の仕組み働きを理解するという意味では。ただ、医療というものは昔ながらの伝統医療などを含め大きな範囲で治療の選択ができる事をより多くの方に知っていただきたいです。

世の中には色々な治療方法があります。薬や手術だけではありません。既に世界では統合医療の流れになっているという事です。西洋医療の良い面、代替医療の良い面、それぞれの良い面が合わさる医療が統合医療です。

一部の既得権を守ろうという日本の悪い面が鎖国状態を作ってしまい患者さん主体の医療ではなく医者主体の医療になっています。仕組みの変化が必要ですが、私たちの意識も変化させていかなくてはなりません。

医者任せから自分自身で健康管理をする。自己責任という言葉がありますが、私は治療院に通って下さる患者さんにはまずしっかりとした健康に対しての教育をしてそれを理解したうえでの自己責任とういう言葉を使いたいです。

健康の事に関しての教育が日本ではなされてはいないと思います。私は治療と教育を一緒にしていきたいと思ってます。
                                      秋真っ只中です。冬に向けて寒さをしのぐ為に皆さん脂肪を蓄えはじめていませんか?私は2キロ蓄えました(笑)風邪予防にうがい手洗いしましょうね。

2005年12月28日

本日12月28日(水)です。早いもので今年も残すとこ3日となりました。今年の12月は例年にはない寒さで暖房器具やコートの売れ行きがいいようです。

気候の変化に文句を言っても仕方ありませんが今のテレビをにぎわしているニュースには腹が立つことが多すぎます。耐震偽造問題にしても『普通』でしたら考えられない事を、問題を指摘されるまで『普通』にやり続けていた。

普通とか常識とかというものが簡単に崩れてしまっているように感じます。これが今日本を支えている大人の世界で起きているわけです。モラルはどこに行ってしまったのでしょうか?

今年度予算にしても医療費に対して思い切ったメスは入らずという記事が新聞に出ていました。医師会、厚生労働省の抵抗が強く・・というような内容の記事もありました。

ある医療業界に詳しい医師の話によると30兆円ある日本の医療費のうち6兆円が無駄な薬、5兆円が無駄な検査、5兆円が水増し請求だというのです。30兆円のうち16兆円もの無駄なお金が医療業界に流れているということです。

確かによく考えて振り返ってみると病院で出される薬の量は半端ではないです。何度も再検査の結果原因がよくわからない・・など「ちょっとおかしいなぁ」と思うことがよくあります。

なんだか建設業界、医療業界も似ている感じがします。耐震偽造問題の結果、被害を被るのは住人、保障として使われるお金は税金。結局は私たち国民が被害者です。医療業界もひょっとして同じような事が起こるのではないかと私は思っています。

国民が被害者と言いましたが、私たちがもっと政治に関心を持って目を光らせないといけません。好きなような仕組みづくりを野放しにさせていた国民の責任でもあると思います。

最近のニュースをみているとこれからの日本はどうなるのか不安です。生き方の教育が必要ですね。今私ができる事はこういった身近な問題を考え、解決していくという情報提供かなぁ?

来年は私が主催する会で毎月勉強会を開きます。子育て、経済、健康、環境問題など・・ほとんどが平日の夜になりますが皆さんも是非私と一緒に勉強してみませんか?会費は500円です。問題意識を持ち勉強し、行動に移す。

生きるって大変だけどそれが生きるってことなのかなぁ(笑)来年も皆様が幸せでありますように・・・良いお年を!!年末は30日まで新年は5日からとなります。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional