2006年6月19日 ~ 2006年10月26日

目次

2006年6月19日

こんにちは6月19日(月)です。蒸し暑い日が続いてます。皆さん疲れは取れていますか?

この時期は睡眠時の工夫をちょっとするだけで疲れの取れ方が大きく変わります。どうしても蒸し暑いと寝苦しくなります。寝る30分ぐらい前にエアコンのドライをかけておき寝る時には切ります。そして枕には氷枕かアイスノンを敷くといいでしょう。

頭が冷えると全身のほてりがおさまります。まずは寝始めがすんなり心地よくいくと後は比較的朝までぐっすり休めるはずです。一日の疲れは良質な睡眠で解消し翌日にまで持ち越さないことです。是非お試しください。

先月ある方から講演の依頼を受け先日行ってきました。内容は健康についてではなく「目的・目標の違い、心の安定とは」という事で話をしました。

心の安定が健康にもつながるんですが・・しかし今回の内容は目的・目標について詳しく話をしました。皆さんは目的・目標の違いについて説明できますか?私自身、以前はその違いを理解していませんでした。ただ漠然と、何となく・・といった感じです。

目的とは存在理由、理念といったものです。例えば私の治療院の存在理由です。『カイロプラクティック彦坂では、治療を通して患者さんの症状を構造的・栄養的・精神的・環境的な面などあらゆる方向から据え最適と思われる治療を施術し、人生の中で大切なテーマの一つである「健康」という分野に貢献していきます。』

これが目的です。ですから当然ですが極端な話私の治療院では保険の販売、野菜の小売などはしないわけです。要は目的以外の事はしない。目的以外の仕事の話が外から来ても安易に乗らなくてすみます。

目的に命を使う(使命感)です。そしてその目的を達成するために目標が立つわけです。その目的を達成するために中長期、短期と何をどうやれば目的が達成できるかを決めるのが目標です。

あいまいな目的では目標もあいまいです。イキイキと充実感を感じる事もありません。使命感もなにもありません。ただその場にいて時間が過ぎていくだけです。辛い事、嫌なことがおきれば辞めて逃げ出します。

いかに目的(理念)を頭の中に刷り込ませるかが大切です。

100年続く会社は社員ひとりひとりが会社の理念を理解しその仕事に使命感を持っていると言われます。こういった組織は強いですよね。

あらためて自分の人生の目的、仕事の目的など自分が身を置くところでの目的を明確にして目標を立てイキイキ命を使いましょう。時間は同じように過ぎていきます。いやいや過ごすか、充実させて過ごすか全て自分の選択です。

2006年7月21日

みなさんこんにちは。本日7月21日(金)です。

各地で大雨の被害が出ているようですね。近年自然災害による被害が世界規模で多発しています。温暖化現象、フォトンベルトの影響(←調べてみてください)など色々な説がありますが本当のところの原因はよくわかりません。

事実として、火山活動、地震、台風、大雨などは10年前と比べても何倍も増えているそうです。

先日現職国会議員9名と直接お話する機会がありました。日ごろ思っている不満だらけの日本の仕組みや制度について意見をぶつけてみました。子育て、医療制度問題、環境問題、年金問題・・・質問に対して答えを頂きましたが、正直なかなかどうにもできないのかなぁという感想でした。

今の制度に国が絡んでいる既得権益者がいればそれを変えようとすれば大きな反発があります。しかもそこが選挙の時に大きな票になれば当然のことですが・・・なかなか難しいです。

今回一人の議員さんは「環境問題は票にならないんだよね」と一言。選挙で当選出来なければ当然その問題について議論も出来ず・・・かといって当選すれば票をくれたところへの恩返し・・本当に大切な事を議論せず、先送りばかり。今さえ良ければの社会。

今後の日本はどうなるのでしょうか?そうは言っても私たちは生きていかなければなりません。次世代に付けを回す今の世の中の仕組みを循環型社会、自立型社会にしなければと思います。今私は医療・健康面に関してその循環型、自立型の創造を思案中です。きっとうまくいくと思います。考えがまとまった時は発表しますので賛同していただけるようでしたら皆さんご協力お願いしますね。

さて最近は焼酎や美味い酒がブームです。レストラン、料理屋の品書きには『こだわり~焼酎』『~大吟醸』など、その飲み方は冷やしてロックで飲むのが主流らしいです。昔は冷や酒はヤクザか渡世人の飲み方であったらしいです。

時代劇などでもヤクザ同士の抗争に出かけるときには必ず冷や酒をあおっていくシーンがあります。確かに一気にアルコールを飲めば交感神経が活性し戦闘モードに切り替わります。殴られても痛みを感じなくさせます。理にかなってる・・感心感心。

おっと感心している場合ではありませんでした。最近は冷たい物が溢れ過ぎています。アイスに冷たいお茶、冷えた水などなど。冷蔵庫の普及で40年前とは食パターンが大きく変わりました。

腸の温度が1度下がると血液中に良くない菌が入り込み免疫病を発症させるといわれてます。その菌の行き着いた先が皮膚であればアトピー性皮膚炎、骨髄であれば悪性貧血や白血病。

これから暑くなる季節です。冷たい物中毒にはくれぐれもお気をつけください。はい・・私も気をつけます。

2006年8月21日

みなさんこんにちは。8月21日(月)です。

夏休みはどのように過ごされましたか?患者さんのなかには9連休という方もいらっしゃいました。正直うらやましい・・・でも9日間も休みがあると何をして過ごしていいのか僕には難しいです(笑)休みプラスお金があれば長期旅行もいいかもしれませんね。と、9連休の方が申しておりました。その通り・・同感です。

私は義父の初盆がありましたので妻の実家に行ってました。無事にご供養も終わり15日の帰り道。信号待ちをしている時、道路の中央分離帯の所に空き缶がポイ捨てしてありました。

僕は「なんでこうして捨てる人がいるのかねぇ」と少しイライラしながら妻に話すと妻は「誰かが拾うと思ってるんじゃないの・・誰かさんのパンツみたいに・・」日ごろ我が家ではお風呂に入ると時脱いだ下着はネットに入れて洗濯機の中に入れるというルールがありました。

いえ今でもそのルールはあります。しかし私は脱いだら脱ぎっぱなし。妻がやってくれるからいいだろうと甘い気持ちでした。それをこんな時に「あなたも一緒」と言わんばかりの答え!僕は素直に「その通りです。ごめんなさい。」

これが「笑点」だったら座布団1枚!!妻には敵いません。人のふり見て我がふり直せとはこのことでしょうか?

話はかわって、先日妻を浜松駅まで迎えに行きました。時間は夜の11時。東京からの帰りを優しい!?夫(私)は送迎レーンで待っていました。妻が到着して「今日は何があった・・」など話をしながら家路に向かいました。

車を走らせ5分後ぐらい・・対向車線の右折レーンで1台のワンボックスの車が停車しており運転席を見たら男性がグッタリ前のめりで動いていない様子。僕は嫌な予感がして『脳梗塞か心筋梗塞かも・・』すかさずUターンをしてワンボックスの男性のもとへ行きました。

すると既に一人の男性がそのワンボックスの運転手の異変に気づいて車に駆け寄って話かけていました。僕は大声で「大丈夫ですか?」と聞くと「酔っ払って寝てるよ!」と男性が答えました。

僕は一安心。しかし大通りのど真ん中。なんとか路肩まで押して警察を呼ぼうかこのまま寝かせておくか二人で話しをしました。もう一人の男性は「寝かせておけばいいでしょ」と言って帰ってしまいました。

僕はこの運転手は目を覚ましたら又酔っ払ったまま運転していくだろうと思いました。金髪の20代の男性。後ろの荷台にはダクトのパーツがあり作業着を着ていました。仕事帰りにいっぱい飲んできたといったところです。

何度か大声で体を揺すりやっとの事で目を覚ましました。その男性は何が何だか訳が分からない様子。一応車から男性を降ろしました。「駄目だよ。こんな状態で運転しちゃ!」僕のお説教が始まりました。

一人暮らしで静岡から来ていて迎えにきてくれる人はいないとの事。仕方がなく僕がその男性の車を運転して妻が後から付いて男性の自宅まで代行運転をしてきました。

送っていく車の中で弟に話をするかのようにお説教を続けました。今回は大きな事故にはならなかったのでよかったですが本当に一歩間違えば大惨事になっていたと思います。

ただ今になって思えば警察に通報するのもその男性の為だったかなと反省しています。ちょっとした気の緩みで命を落としてしまう事は生活しているなかでよくある事だと思います。いつ自分が被害者になるかも加害者になるかもわかりません。暑さも厳しいですしイライラせずに気を引き締めて生活しましょうね!

2006年9月25日

皆さんこんにちは。本日9月25日(月)です。そろそろ暑がりの方もエアコンとのお付き合いが終わる頃になってきたのではないでしょうか?そして魅惑の食欲の秋も到来です。

最近は痩せ過ぎモデルがファションショーに出られなくなるというニュースが海外から飛び込んできました。若者の痩せなければという風潮をなくすためだという事らしいです。

何事も適度にということでしょうか。という事も含め今年の食欲の秋は少しダイエットを気にせずに秋の味覚を満喫したいと思う今日この頃です(笑)

話は変わって先日ガソリンスタンドに寄って給油をしました。今は当たり前になったセルフのスタンド。数年前の心境と比べれば変化している自分に気がつきます。「自分でガソリン入れるの?」できるかなぁ・・恥ずかしいなぁ・・アメリカ映画じゃあるまいし・・本当にセルフの店ばかりなるの? 

時代は変わって現在しっかりと適応している自分がここにいます。しかも街中セルフのスタンドばかりです。仕方なしにやらなければいけない事って案外できてしまうもんですね。

だったら自ら目標をもって達成しようとすることならもっと簡単にできそうなもんですけどね。逆を言えば、やらなければやらないで済んでしまうから案外やらないまま年月が過ぎるんですよね。わかっちゃいるけどなかなか難しい・・つべこべ言わずにサッサとやりなさいって感じです。

今の僕自身に言ってます(笑)話がそれました。そのガソリンスタンドでの出来事。僕が給油する隣の所で女の子が既に給油していました。僕も給油をして終わりがけに女の子の方を見ると なんと給油庫のキャップを締めずしかもしっかり給油扉が開いたまま発車してるではありませんか!!

僕は急いで自分の給油庫からガソリンのホース?を抜いてその女の子の車をダッシュで追いかけました!しかし女の子の車はパッカリ扉を開けたまま走り去ってしまいました!「あ~なんて滑稽な・・見ている自分が恥ずかしいような・・」まぁしょうがない・・すぐ気づいて戻ってくるだろうと思いながら僕もガソリンスタンドを後にしました。

あの女の子気づいた時恥ずかしいだろうなぁ・・なんて思いながら300mぐらい走ったところで自分はキャップをしめたかなぁ?と思うと同時に左のドアミラーを見たら・・なんとパッカリ扉が開いているではありませんか!!

「え~!カッコワル~!」すぐさまUターンをして周りを気にしながらスタンドの隅に車をとめてキャップを取りに走りました。人の振り見て我が振りなおせ・・そんなコトワザをつぶやきながらキャップを締めました。あ~情けない・・

まぁまぁこんな失敗誰にでもあるさ・・いやなかなかないよな・・自己嫌悪。皆さんに笑いを提供できたと思ってプラスに考えます。   

健康ネタを一つ紹介します。病院で貰う湿布や痛み止め、抗炎症剤などは症状がひどくない時はなるべく使うのは避けたほうが良いでしょう。また長期に渡り使い続けるのは体にとって非常に負担がかかります。

なるべくはアイシングでこまめに冷やしてあげるのが良いでしょう。湿布や薬は交感神経を刺激する為血流が悪くなるのです。一時的な気安めはかえってしないほうがいいでしょう。

詳しく知りたい方は又治療の時にでも質問してください。日が暮れるのが早くなってきました。安全運転でいきましょうね。こんな僕ですが今後ともよろしくお願いします。

2006年10月26日

皆さんこんにちは。10月26日木曜日です。10月は町内運動会で体を痛めて来院する方が多かったです。すぐに11月ですからそういった患者さんは減るとは思いますが・・

気候が良いですから何かにチャレンジしたい方もいるんじゃないでしょうか?スポーツをされる方はくれぐれもご自分の身体と相談の上でチャレンジしてくださいね。

さて最近はデトックス(解毒・排毒)ブームです。汗を出したり皮脂腺から重金属類などを体外に排泄する事で健康になるというやつです。何を隠そう私自身は週2~3回は遠赤ドームというものでデトックスしています。

デトックスの1番のポイントは「毒を出す」のこの「毒」を入れない事です。毒とは何か?皆さんお解かりだと思いますがシャンプーや歯磨き粉などに含まれる有害とされている科学物質です。

その他は食品の添加物などもありますが、大切な事は毎日の生活の中で極力そういった危険なものを取り込まない生活習慣にすることです。いくら解毒しても毎日毒を入れていては意味がありません。

女性は1日38種類もの発ガン性物質を皮膚から入れていると言われています。これは、がん検診は積極的にやるけど危険な化学物質は気にしていないとう人も同じです。やはり安全な日用品はこれからの重要なキーワードになると思います。 

さてさて話は又変わりますが、毎日患者さんを見ていると同じ患者さんがある日別人かと思うくらいに体が変化している時があります。カチカチに凝り固まった体がある日突然フニャフニャに柔らかくなっているのです。

当然体が硬い時は疲れているという自覚症状があり、柔らかい時には「今日は何だか調子がいい」と言うのです。特別な治療をして変化が出たという訳でもありません。

しかし何か原因があるはずだと思い患者さんから生活の中での変化を聞くと「まさか・・ひょっとして」という答えらしきものが見えてきました。それは『家族旅行に行った』『ペットを飼い始めた』というものです。

何故そんなことで体が変わるのか?答えは脳にありそうです。脳がリラックスする事で自律神経を介して筋肉が弛緩するのです。こういった患者さんに共通する事は「あまり必要とされていない自分」から「必要とされる自分」になった時に大きな変化を出すのではないかと思います。

子供も大きくなって旦那さんも仕事で毎日家で一人テレビの番人をしている主婦生活。その生活が旅行などで「お母さんお母さん!!」と人気者にというか雑用係なのかは分かりませんが・・ペットを飼い始めて子犬や子猫の世話をする。「私がいないとこの子達は生きていけないから」などなど。

やはりどんなことであれ自分が必要とされる事はうれしいものです。こういうことからも分かるように健康とはただ健康診断だけで異常なしという問題ではなく人として、家族としての役割、言葉を交わす事など非常に大切ではないでしょうか。

もっと言えば言葉も相手が喜ぶ(相手の脳が喜ぶ)声掛けが大切ですよね。ありがとう。愛してる。感謝してます。こういう言葉が家の中に飛び交っていたら素敵ですよね。 

明日は朝6時から勉強会に参加して日中は治療、夜は7時半から健康セミナーの講師をしてきます。忙しいですが感謝の気持ちをもってやらせてもらいます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional