2008年3月3日 ~ 2008年7月14日

目次

2008年3月3日

みなさんこんにちは。3月3日(月)です。やっと更新です。楽しみにされていた方お待たせしました。まだかなって何度も覗いて下さっていた方ホント申し訳ありませんでした。  

先日我が家での出来事。妻が妊娠8ヶ月になりジュウタンの上に座っていました。そしてクッションがあるほうに突然ゴロンと転がりました。

私はその光景をみて思わず妻に対して

『ダルマみたいだね・・・』 
妻『・・ひどい・・』

と突然涙目になりながら私を見るのです。決して悪気があったわけでもないのですが妊娠期間中は特に情緒が不安定です。頭ではわかってはいるもののつい素直な(笑)性格が災いして口から出てしまいました。

この事を女性の患者さんに話したら同じように『先生、それはヒドイ・・』と呆れ顔で言われました。 

今回こんな出来事があったのですがよ~く考えてみるとこのような類の話は日常よくある事だと思います。『ダルマ』の話ではないですよ。誰かに言われた言葉に私はすごく傷ついた・・という類の話です。  

こんな例え話があります。『電話のベルがなりました。あなたはどうしますか?』という問いに『でます。』という答え。『では何故でるのですか?』という問いに『電話がなったから』という答え。 

ここで何を言わんとしているか・・電話がなったからでる。なのか自分が出ると決めたからでるのか。ポイントは電話が主体なのか自分自身が主体なのかです。

おわかりでしょうか。電話が鳴ってもでないという選択もできるし家の人に頼んで居留守を使う事もできる。あくまで電話のベルは情報発信だけでしかない。あとは自分の選択でどうにでもできるという事です。

先日ある方から『私すぐにおちこんじゃうんですよね。どうしたらいいですか?』と質問されました。落ち込まないという選択すればいいよ。という答えです。

実にシンプルな考え方だと思います。 

ここで妻に『ダルマ』と言って『ヒドイ』と言われてからの我が家の会話に戻ります。妻が泣きそうな顔をしているところに私が『ヒドイという選択はしないで。落ち込まないという選択をして』とお願いする私(笑) 

そうするとだんだん妻がケタケタと笑い始めました。とりあえずホッとした私。前向きな妻でよかった(笑)妻は良い選択をしてくれました。 

でもダルマからどう前向きに考えたのかは妻は教えてくれませんでした・・  

なんだか我が家のどうでもよいお茶の間劇場になってしまいましたが、もし今自分の選択次第でどうにかなるんだと思った方マイナスに解釈する選択をせずプラスに思える選択をしてみてはどうでしょうか?

いやまだ落ち込んでいたいの・・という方。どうぞもう少しだけ落ち込んでいてください。←冷たい意味ではないですよ。でもその時間が長くなれば体の調子も悪くなると思います。

私達の体は正直です。考え方が良くなければすぐに体に現れます。どうか落ち込んだ後はその辛さを乗り越えようとする自分に期待して、そして成長しようとしてる自分を褒めて明るく前向きにいきましょうね。

だんだんと花粉が飛び始めてきました。お悩みの方はご相談くださいね。今月も頑張りましょう!!

2008年4月4日

こんにちは。4月4日(木曜日)です。桜が満開を迎えてますね。治療院の待合い場所からも立派な桜が見えます。外を見ると鮮やかな桜色が目に飛び込んでくるというような感じです。この時ばかりは日本人でよかったと思います。

では、他の意味では・・今に始まった事ではないですが日本の政治を見ているとなんとも恥ずかしい思いがします。この国は本当にどうなってしまうのでしょうか。

メタボ検診も1日から始まりました。私は年齢的にまだ受けなくても大丈夫ですが今のうちから気をつけていかないとすぐに病人にされてしまいます。日本の医療も産業の一つです。衰退の兆しが見えれば仕事を作るしかありません。

著名なある医師がこの業界はグローバルビジネスと言っています。世界的なビジネスに繋がる美味しい業界という訳です。厳しい検査基準を設けて病人を増やせば検査や薬漬けにするのは簡単です。

もちろん大義名分としての病人を減らす為とうたっている事はわかります。しかしここ最近おもしろいデータが出てきました。長野県では病院にかからない事で寿命が延びているという結果が出てしまったのです。

下手に血圧を下げるだとかコレステロールを下げるとか・・これら薬を安易に出されかえって寿命を縮めている可能性もあるという事です。正しい知識に正しい薬の服用が大事ですよね。

最近は妻のお腹も大きくなって妊娠9ヶ月になりました。なるべく安静にという事でここのところ洗濯や買い物、食事の支度などは私がやっています。

先日、仕事帰りにスーパーに寄りました。鮮魚コーナーでブラックタイガーの大きい10尾入りが半額になっているのに目が留まりました。そしてその脇にエビチリの素なるものも置いてあるじゃないですか。既に長ネギを買ってあったので海老の殻むきと背わたを取れば簡単にエビチリができると思い半額になっているパックを2パック買いました。

そして家路を急ぎ「ただいま~!!すぐご飯の支度するからね~」なんてどこかのお母さんのように言いながら海老の下準備にとりかかりました。大20尾を全部準備しました。我が家は2人。明らかに海老がでかすぎるし数も多すぎ・・

もうあとの祭り状態です。フライパンに海老を入れたらフライパンが海老で埋まっていると表現しても過言ではない状態。その後長ネギとエビチリの素を入れ完成。お皿に盛り付けテーブルに出した瞬間。妻が大笑い!!

ありえないほどのボリューム。ちょっと高級な中華レストランのエビチリで料金も4000円ぐらいでも通りそうなイメージです。とても量が多くて食べれないと思ったのですが2人であっという間にたいらげてしまいました。

私は基本的に料理を作るのは好きです。来年は料理教室に行くことを決めています。そして将来の私のささやかな夢はマイホームに中華レストランの厨房のようなキッチンを作る事です。

妻には笑い飛ばされていますが・・・絶対実現したいと思っています。いつかその夢が叶った時は僕の手料理を皆さんにも食べてもらいたいです。

そんな夢を持つだけでもワクワクしてきます。皆さんはワクワクする夢ってありますか?

季節は春です。陽気のおかげと桜のおかげで気持ちも上向きになりますね。色々なことに前向きチャレンジしてみたくなる時期ですね。夢を持ってそして足元をしっかりと見て1日1日を精一杯生きましょうね。たまには息抜きも大事ですけどね。今月も明るくいきましょう!!

2008年5月6日

皆さんこんにちは。5月6日火曜日です。

今日は嬉しい報告からです。5月1日木曜日に我が家に男の子が産まれました。ご心配くださった方本当にありがとうございました。

お陰様で母子とも体調は順調です。今回、妊娠、出産まで色々とありました。涙あり笑いありの貴重な経験をさせてもらいました。

妻は妊娠期間中に胎盤に異常があり前置胎盤という状態で出産1ヶ月前からは管理入院をしました。非常にリスクのある出産でした。ドクターからの説明は出産時の出血が多い場合は自分の血液を輸血する(3週間に渡って自分の血液を貯めておく)。足らなければ同じ血液型の他人のものを使いますと言われました。状況によっては子宮を摘出します。よほど悪ければ命の危険もありますという事でした。

子どもを授かった時の喜びから急転直下の辛く不安な気持ち・・ドクターからの説明の帰り道の車の中では、やり場のない気持ちでいっぱいになり二人で涙をながしながら「きっと大丈夫だから。この経験をたっぷり味わってこれからの人生に生かしていけばいいよ。」「人様の体を治療する僕たちだからこの経験はきっと役にたつよ」と言いながら不安な気持ちを少しでも前向きにもっていきました。

それからの日は一日の時間が貴重に感じるようになりました。朝食の時ラジオから流れてくる曲に突然妻がこの曲いいね。っていいながら涙を流し、その姿を見て自分も切なくなり涙を流す。そんな日が何日かありました。

患者さんとの話の中で「次から次へと色んな事が起きますよ。自分の成長を試すような事ばかり起こるんですよ」なんて話をよくします。自分自身過去に色んな経験があります。今回も「また来たか!!」「乗り越えるぞ!!」そんな思いを意識して持ち続けていました。

途中何回も折れそうに・・折れてしまったりもありましたが・・でも後は覚悟を決めて前向きに考えてそして祈るしかありませんでした。

ドクター、助産師さん看護師さんヘルパーさんが本当によくしてくれました。産科医不足が問題になっていますが医療費の使い方を本当に大切に使ってほしいと思いました。

今回西洋医学での良い面と私たち夫婦が仕事としている代替医療の知識を生かしながら出産まで色々と実践してみました。なるべくお腹が張らないように骨盤周囲の調整をしたり自己血を貯血するにあたって貧血予防の為に栄養療法を実践したり、香りでリラッックスさせたり、出血を抑える為のホメオパシーというものを使ったり、母乳が出やすくなるようにハーブーティーを使ったりと色々と実践しました。

幸いにも病院側のスタッフの方達にも理解が得られていた感じもあり、また色々と興味を持っていただいた事もありました。産婦人科は予防医学的な部分がかなり占めますので方向性としてはとても近いものを感じました。

今回妻が非常に頑張ってくれました。もちろん病院の先生はじめスタッフの方達の一生懸命な看護、処置にも感謝しています。私達の家族や友人そして患者さんにもご心配頂き本当に自分一人で生きているんじゃないなと改めて思い感謝の気持ちで一杯です。

このコラムを読んでくださっている方達も今、目の前にある辛い、苦しい事があるかもしれません。生きている以上楽しい事よりも辛く苦しい事のほうが多いかもしれません。

でも、その経験から学ぶ事、気付く事で喜びや感謝の気持ちが得られる事もあるという事も事実だと思います。子どもの頃の無邪気に喜べる事は少なくなった気もします。今は感謝感謝という気持ちのほうが多いと思います。大人になった証拠かな(笑)

今回結果としては母子とも無事でよかったですが結果がどうであれ事実を受け止めることが必要と自分自身に言い聞かせて、もしもという事も覚悟してました。辛かったですけどね。  

今はまた一つ経験できた事に感謝します。という心境です。

気候はもう真夏日という感じですが体調管理をしっかりして今月も頑張りましょう。

2008年6月9日

皆さんこんちは。6月9日月曜日です。

最近も治療の予約が取れにくい日が何日か続いてご迷惑をおかけした方申し訳ありませんでした。特に5月のゴールデンウィークから6月までは、浜松祭りに参加されて体調を崩される方が多く今の時期疲れがピークに達してひどいギックリ腰や頭痛で来院される方が多いです。

是非来年は予防措置を講じて祭りに参加して頂きたいと思います。祭り参加前にテーピングや栄養摂取の方法を実践すれば疲れは半分ぐらいは抑えられると思います。今年痛めて辛い思いされた方、来年は痛めて治療より予防治療で御来院お待ちしてます。
 
私生活でもバタバタしておりまして今月の初めに妻と息子が実家から帰ってきまして3人での生活が始まりました。だいたい3時間おきぐらいで母乳を飲むのでその都度泣くわけですが、すんなり飲んでコテッと寝てくれる時とお前は何を不満に泣き叫ぶのかと思うくらい少々テコズル時があります。

よく育児ノイローゼや産後ウツというのがあります。泣き叫ぶ子どもに罪悪感を持ってしまったり、出産後頭の回転が鈍くなった感じで物忘れが激しくなってこのまま戻らないんじゃないかと不安になるお母さんが多いといいます。

夫婦での協力は当然ですが特にお母さんの栄養状態も相当影響を及ぼすこともわかっています。もしお悩みの方いらしたらご相談くださいね。 

我が家の場合は私が仕事の帰りが遅い分妻が一人でよくやってくれています。私も帰ったらなるべくオムツを替えたり泣いたら抱っこしたり協力的な姿勢をアピールしつつ(笑)なんとかかんとか子育てに奮闘しています。

話は変わって5月の下旬にアクトシティにある方の講演会に参加してきました。最近テレビで何度か取り上げられて話題になっているブラジル人で予知夢を見て90%の確立で地震などの災害などを的中させている方です。

名前はジュセリーノという方です。興味がある方はネットなどで調べて見てください。本も何冊か出版されいています。講演の内容はここではとても言えないぐらいキツイものでした。

講演終了後参加者の人達は一様にゲンナリと憔悴しきった様子で会場を出ていきました。未来のことはわかりませんが今の世の中の事件やニュースを見聞きするだけですと明るい未来を想像することがなかなかできません。

ただその流れのまま自分自身の気持ちまで流されてしまったらそれこそ寂しい人生になるのではと思います。今一度自分自身を見つめ心を整えることが大切ではないかなと思います。 

もうすぐ父の日ですね。 私が亡き父から学んだ事は生き様というものだと思います。どう生きるか・・・、自分の子どもがうまれ何かを与えられるかを考えた時、自分は父から形のないものではあるがとても大切なものを貰った気がしました。

ちょっとかっこつけてる感じですが(笑)でもほんとそう思うんですよね。父親としての自覚と責任と少しだけの遊び心を忘れずに←(妻に怒られそう・・)これからも精一杯いきたいと思います。

2008年7月14日

皆さんこんにちは。7月14日(月)です。お待たせしてすいませんでした。先月末から予定がビッチリ埋まっていて緊急で重要な事ばかりに追われていました。

体調は元気そのものですが、患者さんから「最近疲れてませんか?」なんて逆に心配してもらっている次第です。反省中の私。←少しだけですけどね。 

一昔、私の中では時間管理というのは非常に難しいテーマでした。何年か前に時間管理について勉強する機会がありました。その当時の私は手帳を持たずに治療の予約表だけを職場に置いて明日は何名、明後日何名と、そのぐらいにしか頭の中でしか管理してませんでした。

正直、管理という意識さえ持っていなかったのかもしれませんでした。それで良いと思っていました。そのことに問題意識さえ持っていなかったのですがホントちょっとしたきっかけで勉強する羽目になってしまったのです(笑)

勉強するという事は実に楽しい事です。知らない事を学び実践すると新しい世界が見えてきます。昔はそんな事も思っていなかったですけどね(笑) 

そこでまず教えてもらった事は手帳を持つという事でした。それくらいは普通だよ~という方もいると思います。私はこれぐらいの予定なら頭の中で十分と思っていました。

しかし今思えば、それはなんの目標もなく日々なんとなく過ごしているだけだったんだという事がわかります。しかも常に自分が決める予定ではなく相手が決める予定に全て合わせていたので、なんとなく過ぎる日々で行き当たりばったりの生活をしていたと思います。 

そして次に教わった事はあなたは自分自身がどういう人生を送りたいか?何をしたいか?・・←非常に漠然としたテーマだと思い困りました。自分は何も考えていなかったんだとわかりショックも受けました。

でもでも、何をしたいのか考えていくうちにあれもしたいこれもしたいなぁと思いが出てきました。そうして突き詰めて考えていくと自分がどんな存在意義を持つ人間なのか興味が湧いてくるようにも思えました。

もっと深く考えれば自分でその存在意義を作っていけばいいんだと思うようにもなりました。手帳を持つという事からここまで飛躍してしまいましたが、最初の頃は空欄が多い事が恥ずかしくて家族や知人の誕生日を記入していた時もありました・・まぁ色々と格好だけは付けたがる性格なので(見栄っ張りですね)

手帳に予定らしきものが書いてある事に安心していた時期もありました。でも不思議と書く癖がついてくると手帳は予定でビッシリと埋まってくるようになり、いつの間にか1年後の予定まで埋まるようになっていました。

1年後の予定というのは自分の希望などが殆んどで旅行など遊びやセミナーの予定なのですが、それが不思議とその予定通りに事が運んでいくんです。自分の予定に周りが合わせてくれるような感じです。

さてさて今回は何故か時間管理の話になってしまいましたが人生一度きりと思えば後悔せずに生きたいものですよね。人の考えは変化します。その都度でいいので自分がどう生きたいのかデザインする事が大切ですよね。私も又もう一度考えてみようと思います。

そして手帳にその目標を書き込んで行動スケジュールまで書いてみようと思います。仕事の目標、家族の事、健康の事など色々なテーマについてです。忙しい日々に追われて過ごすのではなく、自分で計画した事をただ行動していると思うのでは疲れかたにも違いがでると思います。

今は充実した日々を送れている事に感謝です。皆さんはどうでしょうか?また治療の時にでも聞かせてください。暑い日が続いています。水分とミネラル摂取を忘れず早めの補給を意識してくださいね。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional